私の脇の黒ずみ.com

 

制汗スプレーを使用すると黒ずみになるという理由

夏場は特に活躍する制汗スプレーですが、使い続けてしまうと黒ずみに発展してしまうと言われています。

 

私のように何故?と思われている方も多いでしょう。

 

主な理由として、まず制汗スプレーの威力というのは“肌を強く掻く”ことに値する刺激が脇に加わるそうで、それが黒ずみに繋がるそうです。
具体的に、肌というのは何かの刺激が肌で起こった際にメラノサイトが活性化される仕組みになっていているため、その刺激によってメラニンが生成されてしまうのです。

 

また、制汗スプレーの刺激が積み重なることで肌のバリア機能が弱まって肌の機能が正常に働かなくなってしまうために、肌再生がうまく行われなくなってしまうことから黒ずみを解消することが難しくなってしまうこともあります。

 

そうなると、黒ずみが生じても改善することができなくなり、肌に定着してしまうのです。
実際に、制汗スプレーを長年使用してきた方の脇というのは茶色くくすんでいることが多くあり、使用回数や至近距離での使用が多い方はその傾向が強くなっています。

 

スプレーでなければ大丈夫なのか。

 

制汗スプレーの刺激によって黒ずみが発生するために、直接肌に塗るようなロールオンタイプであれば黒ずみが出来る可能性が減ると思う方も多いでしょう。

 

ですが、ロールオンタイプであっても黒ずみが生じてしまうことがあり、制汗剤というのは毛穴への密着性が高いので、直接塗ってしまうと毛穴へ入り込みやすく詰まったままの状態になってしまうと、皮脂などと混ざり合って酸化して直接的な黒ずみが発生してしまうのです。
そのため、ロールオンタイプであっても安心できません。

 

ただし、上記の理由であることから洗浄をしっかりと行えば制汗スプレーのような黒ずみも発生しないので、使用後にボディソープなどで洗浄を行えば問題ないとも言えるのです。

 

ちなみに、制汗剤に含まれているアルミニウムというのは多用することで乳がんの原因になるとも考えられているので、なるべくならオーガニックの制汗剤が良いでしょう。

 

お勧めとしては、メイドオブオーガニクスのロールオンタイプがあげられ、モデルさんなどの愛用率も高いです。

 

page top