脇の黒ずみをすぐに隠くす!そんな時は?

 

脇の黒ずみをすぐに隠くす!そんな時は?

どうしても、脇が見えるような洋服を着る場所や季節の場合は隠してしまうことがお勧めで、その際に使用するファンデーションはウォータープルーフタイプが良いでしょう。

 

この理由として、夏場以外でも脇というのは汗がこもる場所なので、それによって通常のファンデーションでは落ちてしまうこともあるのです。
そうなると、カバーできないだけではなく、お気に入りの洋服に付着してシミになってしまうこともあります。

 

さらには、ウォータープルーフであれば汗に強いだけではなく水にも強いので、海やプールであっても色落ちの心配がそこまでないのです。

 

従って、脇の黒ずみを隠すにはウォータープルーフのファンデーションがオススメで、こちらはネット上やドラッグストアで売られています。
(顔用でも良いですが、脇用である方が落ちにくくなります。)

 

使い方

 

やりがちな方法として黒ずみだけに塗る方もいますが、そうなると何か塗っているとバレてしまうことがあるので、脇全体に顔のファンデーションを塗るようにすることが大事で、伸ばすようにするのではなくクマなどを隠す要領で叩き込んでいきます。
ちなみに、外出先で直す場合は脇をティッシュオフした後に、少量を叩き込むような感じでカバーすると厚塗りを防止できます。

 

落とす際ですが、ウォータープルーフのファンデーションというのは、密着性が高いので石鹸だけではなく顔用のクレンジグと石鹸によってきちんと落として下さい。

 

注意点

 

脇用以外のファンデーションを選ぶ際は、なるべく自分の肌に近い色を選ぶのがポイントで、暗過ぎても明るすぎても浮いてしまうので注意が必要です。
※脇用の場合はカラーバリエーションが日本人の肌に近い2色程度でいて、肌にマッチしやすくなっています。

 

さらに、塗る際はしっかりと鏡を見ながら、場所はなるべく自然光のもとで行って下さい。
反対に、自分の部屋や洗面所などでは、照明によって塗りすぎていたり色むらが発生していたりすることがあります。

 

また、リキッドタイプなど液状のファンデーションの場合は塗った後は十分に乾かして洋服を着ることが大事で、乾かないまま着てしまうとベッタリと洋服についてしまうので要注意です。
(急いでる場合や付着するのが心配な場合は、軽くティッシュオフすれば付きにくく化粧崩れも防止できます。)

 

他にも、クレンジング+石鹸での洗浄後は、顔同様に保湿をしっかりと行いましょう。

 

こちらを怠ると、皮脂を取り除きすぎた事で皮脂が過剰に分泌されてニキビやできものが生じたり、乾燥によってかゆみなどが出ることがあります。
加えて、取り除くばかりのケアで保護しないとバリア機能が低下してしまって、刺激に弱い肌となって黒ずみに発展しやすくなってしまうのです。

 

 

 

page top