下着がなぜ黒ずみの原因に?

 

下着がなぜ黒ずみの原因に?

脇やビキニラインの黒ずみの原因の多くは、紫外線によるメラニン色素の生成が原因ではなく下着をつけることで生じる『締め付け』・『擦れ』が直接的な原因となっているらしい。

 

メカニズムとしては、まず私達の肌というのは紫外線の他にも締め付けたり擦れたりといった外部の刺激によっても、メラノサイトが活性化されてメラニン色素が生成されてしまうとか・・・。

 

ですが、メラニンというのは一時的に外的刺激から肌を守るものであって、肌再生によって数ヶ月もすると徐々に剥がされていって黒ずみが解消されるのが普通の状態。

 

それではなぜ、黒ずみが残ってしまうかと言うと、そういった刺激が何度も繰り返されてしまえば、メラニンの生成量が過剰となってしまうことから、再生が追いつかずに肌に残る割合が多くなってしまうためです。

 

加えて、肌を保護しないと刺激が繰り返されていくうちに肌の再生が狂ってしまって正常に行われなくなってしまうこともあるので、そうなるとメラニンが剥がされずにずっと肌に残ったままになってしまいます。

 

つまり、下着による外部刺激が『メラニン生成』と『肌再生を狂わす』ことに繋がることで、黒ずみが発生してしまうとのことです。

 

※フェイスケアを積極的に行う方は多いですが、ビキニラインなどピンポイントで保湿などのケアを行う方は少ないので、肌の保護がされていない場合が多く、保護しないと通常よりも外部刺激から弱い肌になってしまうので、結果的に刺激を受けやすい=メラニン生成が過剰になりやすくなってしまって黒ずみに発展しやすくなってしまいます。

 

黒ずみを引き起こしやすい下着に注意!

 

まずはじめに、自分のサイズとは合わないピチピチな小さめの下着の着用は締め付けやすくなってしまうので、黒ずみを引き起こしやすくなります。
さらに、ナイロン(化学繊維)といった素材の場合は摩擦力が大きくなっているので、少しの擦れでも肌への負担が大きくなってしまって黒ずみを引き起こしやすくなってしまうのです。

 

それでは、どのような下着が理想的なのでしょうか。

 

お勧めとしては、自分のサイズに合う締め付けがないものはもちろんのこと、綿(コットン)または絹(シルク)素材の下着が好ましいです。
上記は、摩擦力が少ないので肌への刺激になりにくいですし、ナイロンと比較した際に通気性も良好なので蒸れなどを防止する効果もあります。

 

実際に、上記のような下着を着用している方は黒ずみがそこまで生じていないという結果になっているのです。

 

そのため、最近黒ずみが気になるという方は美白ケアの他にも下着の方も変えていった方が良いでしょう。

 

 

page top